スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

苺のババロア

100426苺ババロア

気泡が出来てしまい見てくれは悪いけれども、フォークで苺を荒く
潰しただけなので、苺のつぶつぶが残っていて、苺の味がよく分かる
ババロアが出来上がりました♪

参考にしたレシピはこれ↓

ふわっふわの苺ババロア

砂糖も控えめで、黒砂糖をつかい、牛乳や生クリームの代わりに
豆乳を使って作りました。とっても軽い仕上がりでしたよ~。

これならいくらでも食べられそう!!・・・危険だわ(Tω\)

不細工ながら、美味しい苺のババロアが出来たので満足です♪

今まではゼラチンを使うのが難しいというイメージがあったのですが、
案外簡単なのかも、と思えてきました。レシピを見ないで作れるように
なりたいものです。

スポンサーサイト
27
2010
comment
0

母にイチゴタルトを♪

出来上がり

トントンが出張で家を空けるので、母が一泊二日で来てくれました。
何か用意したいなと思い、タルトを作ることにしました。盛付けは、
今たくさん出回っているイチゴと先日作ったイチゴジャムです。

ちなみに参考にしたレシピはこれ↓。全て、ゆきらいんさんのレシピです。

基本のタルト生地 (パート・シュクレ) by ゆきらいんさん
アーモンドクリーム(クレーム・ダマンド) by ゆきらいんさん
レンジでローカロリーカスタード by ゆきらいんさん


タルト生地焼く前 アーモンドクリームぬりました 出来上がり

私は甘さ控え目が好きなので、少し砂糖の量は減らしていますが、
このレシピ、とっても作りやすくて、本当に美味しいので大好きです。
ちなみに砂糖もこだわって黒砂糖を使っています♪

※カスタードクリームの出来上がりはあまり美しくなかったので
 写真はカットしちゃいました(-″-;) 味はいいんです!

晩ご飯の食後のデザートとして用意しました。最初母は、
『夜は食べないよ』と言っておりましたが、私が準備していたので、
少しだけなら、と言って食べてくれました。食べ終わったら、
『もうちょっと欲しいね』と言って、もう一切れ食べてくれました♪

なんだか嬉しい~(≧▽≦)

美味しいと言ってもらえて、お代わりしてもらえるなんてとっても
嬉しいです。幸せ・:*:・(*´∀`*)・:*:・

母は、うちに来て気になるところがたくさんあったらしく、掃除を
かなーりしてくれました。申し訳なかったけど嬉しくもありました。
いつまでも手のかかる娘でごめんなさい。。(Tω\)

家族が多いし、今まで母娘二人だけで過ごすことはなかなかなかった
けれど、こうやってのんびりと一緒にいられて心地の良い時間でした。
忙しいのに来てくれて本当に本当にありがとうm(_ _)m

25
2010
comment
0

マンゴーババロア

100419マンゴーババロア

マンゴーが家にあって、生で食べるよりも加工したほうが
美味しいかも?と思えたのと、ゼラチンがあったことから、
マンゴーババロアを作ることにしました。

本当はいちごババロアの方が美味しいんだろうな、と思い
ながら、いちごはジャムに使っちゃったから諦めて。(T△T)

材料をミキサーで混ぜるだけでほぼ完了のこのババロア。
滑らかにするために、漉すぐらいすれば良かった。手を
抜きすぎました。(-″-;)

が、美味しければ万事OKでしょう♪

思ったよりもマンゴーの味が濃厚で美味しかったです♪
彩りに何か添えればよかったかな。

まあ、トントンも喜んでくれたのでオールOKでございますヾ(@^▽^@)ノ

22
2010
comment
0

いちごジャム作り

いちごがお安く売っていたのでご購入♪ジャムを作ろうと思います。
トントンは朝ご飯をあまり食べないのだけど、パンだったら軽いからと
食べるのです。だから、そのパンにつけて食べる用のジャム作りです。

01砂糖をまぶす 02まぶして3時間後 03瓶詰め後

まずは、1kg強のいちごのヘタを取ってキレイに洗い、いちごの総量の
60%の砂糖をいちごにまぶし、3時間おきます。(写真左&真ん中)

続いて、弱火に30~40分かけ、あくを取り、とろみが出たら火を止めます。

熱い内に瓶に詰めて保存。(写真右)
うまく保存できれば常温でも1年はもつみたい♪瓶を逆さに置いて冷まして
いますが、こうすることで空気が抜けるらしいです。

ジャムを作った翌朝に早速食べよう!と試みましたが、忙しい朝にジャムの
蓋が二人がかりでも開けられず、食べることができませんでした。

とっても残念。。。(-″-;)

なので、ネットで簡単な瓶の蓋の開け方を調べて夕方トライ!簡単に
開きました(≧▽≦)瓶を逆さにして、蓋と瓶の間の隙間にナイフやバター
ナイフみたいなものを挟んで、要は空気が入るように隙間をあけてやれば
プシュっと音が鳴るので、そうしたらあとは軽く手で蓋を開けることが
できるのです。

感動・:*:・(*´∀`*)・:*:・

でも、開けてみてジャムを確認するとかなりサラサラな状態だったので、
再びとろみが出るまで煮詰めました。最初は上の写真のように瓶2つ分の
量だったのですが、煮詰めた後は瓶1つと3分の1程度の量までになり
ました。

そして今朝。やっといちごジャムを試すとき。ゴロっとしたイチゴが
いい感じのジャムに仕上がっていました。甘さはこんなものなのかな。
あまりジャムを食べないからよく分からないけど、もう少し甘さ控え目が
私の好みかもしれない。

なので、次、もし作るとしたら砂糖は50%にしようと思います。

でもでも、イチゴのジャム作り。成功です(v^-’)
04再煮詰め後


21
2010
comment
0

アンチョビ出来上がり

出来上がり

随分前から塩漬けにしていたいわしですが、やっとアンチョビに
なりました。っていうか、気が付けば、去年の7月から塩漬けに
していたアンチョビ。これ、大丈夫なんでしょうか・・・。

塩漬けしていたいわしをきれいに水洗いし、水気を切って、
オリーブオイルにつけました。中にはローリエを1枚入れています。

もちろん瓶は煮沸消毒をしてきれいにしています。
これで1年は保存できるはずなのです。

この後にすぐにパスタにしましたが、ちょっと塩味が足りないかな??
水で洗い流しすぎたかな?でも変な話、腐ったようなにおいはしないし、
食べられないような味でもないし、これで初めてのアンチョビ作りは
成功!!ということにしておきましょう。(v^-’)

本当にいいのか!?

19
2010
comment
0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。