スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

生花正風体

菖蒲 菖蒲・芍薬 菖蒲・つつじ・芍薬

基本は菖蒲。菖蒲の一種生けから役枝の花材を変えて生けてました。
左から花材は以下の通りです。

●左(一種生け)
菖蒲

●真ん中(二種生け)
菖蒲
芍薬

●右(三種生け)
菖蒲
つつじ
芍薬

菖蒲は初夏のお花。節句の祝いに使われるので、男性的にすっと生け
ます。杜若のように葉をなびかせるようには生けません。菖蒲は杜若に
似ていますが、杜若は通年もので菖蒲は一季(初夏)もの。杜若は女性的
に生けます。

葉の組み方を忘れてはいけないのだけど、年に一度だと忘れてしまい
ます。いかんですな。葉先の爪は向かい合わせ、長短に葉を組みますが
前短後長に組み、真より後ろには、正面から見て葉の表が見えるように、
真より前には葉の裏が見えるように葉を入れます。体先は3枚の葉を組み
ますが、真ん中の葉が一番高くなります。

葉の表裏の見分けが難しいです。一番最初に葉の表裏を確認し、爪の
向きごとに分ける作業をしておくと後で生けやすいです。真や副、体
にはまっすぐな葉を選ぶと使いやすく、真後ろには曲がりのある葉を
使うといい感じにおさまります。

足は細く、でも、なびきが出るという感じ、かな。

一種生けと二種生けは基本的な生け方で生け、三種生けになると少し
自由になって、葉を広げて入れたりしてもいいみたいです。

二種生けの場合、体は『体真・体谷・体先』と入れるのが基本です。
今回は若干高根〆め的に芍薬を入れてみました。

今回は二種生けが気に入りました。一種生けもいいけれど、菖蒲と
芍薬の組み合わせがとっても日本的でお気に入り。この芍薬、少々
蕾が固いのでちゃんと花開いてくれるのか心配ですが、咲いて欲しいな。
この芍薬は和芍薬とのことなので、一重の花が咲くそうです。

今週末には母がこちらにお泊りで来てくれます。初夏の花でお出迎え。
気に入ってもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト
20
2010
comment
1

自由花

先日、残った花材で生けていた自由花です。玄関を彩ってくれています。

つつじ・こでまり・カーネーション・カラー・スターチース・フリージア・ルスカス

花材
・つつじ
・こでまり
・カーネーション
・カラー
・スターチース
・フリージア
・ルスカス

先生に手直ししてもらったらもっと自然だったんだろうな~。
とは思うけれども、まずは自分で生けるということで○(丸)としなければ♪

フリージアの黄色がとっても鮮やか。ルスカスの緑との間に隙間が
あるのがちょっと残念。。写真を撮った後に気が付きました。(-″-;)
もっと根元はきゅっと締めなくちゃね。

まあ、でもこうやって自分でも生けていって、彩りも考えながら、
花材の相性を考えながら生けるのもいいような。見てくれる人が
いるから頑張れます。トントンだけだけど・・・。(^◇^;)

まずは、本でも読んで勉強かな。昨日のお稽古で先生から本を
頂いたのです。

『もみじ君花修行(生花・自由花編)』です。

まんがで基礎から教えてくれるもので、先生はこれをお弟子さん全員に
プレゼントされたのだとか。いまさら恥ずかしくて聞けないことや、
まったく聞いたこともないことも書かれているらしいです。

これで勉強するぞ~ヾ(@^▽^@)ノ

14
2010
comment
0

立花新風体

今回は、立花新風体です。

つつじ・こでまり・カーネーション・カラー・スターチース・ゆきのした・フリージアの葉

今回の花材
・つつじ
・こでまり
・カーネーション
・カラー
・スターチース
・ゆきのした
・フリージアの葉

本当に久々の立花です。しかも新風体。まだ正風体だったら、形が
決まっているのでやりやすいのですが、新風体なので難しかった。。

ほとんど最後は先生の手直しできれいにしていただきました。
やっぱり色彩の勉強しなくちゃだな。。

新風体の特徴は、枝の出が同じところにならなくてはいけないこと。
そして、足が短いことです。そして、もちろん正風体の役枝がないこと。

私は、正風体と同じように出の高さを変えていたので失敗です。。
そこで、ちょっとごまかすために、カーネーション(ピンク)の位置を
低くしてもらいました。

あと、根〆はしっかりと、というのは先生にやっていただきました。
私が生けていたときは、根〆が高くて締まってなかったのです。
そこもすっきりとしていただきました。

ああ、いくらお花から遠ざかっていたとは言え、先生におんぶに
抱っこで情けなくなってしまいました。やっぱり自分で生けたり
研究したりしないといけないのね。。

そして、最後に同じ花材を使って生けられた姉弟子の作品を。

姉弟子-1 姉弟子-2

左は同じく立花新風体ですが、右は自由花です。残った花材で
生けられおりました。私はタイムオーバーで自由花は生けられ
ませんでしたが、残った花材で家で勝手に生けて玄関に飾りました。

やっぱり、お花に対する時間って素晴らしいです。
来週が当面の最後のお稽古です。頑張るぞーヾ(@^▽^@)ノ
13
2010
comment
0

生花 正風体&新風体 三種生け

4ヶ月ぶりのお花は、生花正風体と新風体の三種生けです。

雲龍柳・デンファレ・孔雀草 アルストロメリア・フリージア・雲龍柳

花材(左:正風体(逆勝手))
真・副---雲龍柳
体-----デンファレ、孔雀草

花材(右:新風体)
主-----アルストロメリア
用-----フリージア
あしらい--雲龍柳

まず正風体を生けたのですが、久々にお花を生けたせいか、
お花の大きさがよく分からず、出来上がりが大きくなりすぎて
しまいました。結局、真の座を残し真流しにしました。
真が大きいので、下をしめるために体は低く入れました。

新風体は、アルストロメリアが大きくて目立つので、
その存在感をそのまま生かし、フリージアでしめました。
正風体に見えないようにあしらいを入れることに気をつけます。

久々のお花なのでもちろん先生による手直しはあったけれど、
ゆっくりとお花に向かう時間を持つのは、精神的なゆとりが
できて嬉しいものでした。

そして嬉しいサプライズ。門標をいただいたことに対する表彰状が
支部から出まして、しかも今の支部長が私の先生なので、先生の
名前で表彰状をもらえて、名前入りの鋏を記念品としていただき、
嬉しかったのです。

ちなみに、先生は今年で支部長職を退かれるとのこと。10年間、
本当にお疲れ様でした。

お稽古が終わってから、先生がお茶とぼた餅を出してくれて、
これまた美味しい・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
先生とお茶をしながらおしゃべりをして楽しい時間を過ごすことが
できました。

これからも、お花は続けていきたいです。お花はいいですよ~。
06
2010
comment
0

生花正風体 水仙

今回はまず水仙の二株生けです。

水仙二株生け

水仙を袴から取り出し、組みなおしてからまた袴に入れます。
外葉を高く、内葉を短く組みます。4枚の葉に一本の花。これを
袴に入れ戻し、正面に袴の山が見えるようにします。

二株生けの場合は、一株で真と副を入れることになり、この場合は
前副になります。そして、体真は真よりも陰方に出るようにします。

体の方は段々短く組みますが、体先だけは千鳥になるようにします。

真のお花には蕾はつけません。正面を向くようにきれいに整えて、
体は蕾のみにします。

二株生けは停まり船が基本になります。停まり船というのは、
副が広がらずすっと生ける生け方になります。

ちなみに、出船と入船というのがありますが、出船は本勝手、
入船は逆勝手に生けます。出船は船の先端が左に向くように、
入船は船の先端が右を向くように置きます。

ここで言っている『船』は船の形をしたお花器のことです。
古典のお花なので色々と決まりごとがあるのです。
こういうことを知るのもいいことです。

そして、水仙だけで生け終わってから、先週の花材の行李柳が
残っていたので、それと一緒に生けて2種生けにしました。

が、私はもともと生けていた水仙の背が高かったので、比率が
悪いということもあり、急遽後に玉シダを入れて三種生けにしました。

行李柳・水仙・玉シダ

一種生けと二種生けは古典の生け方なので、比率を守らなければ
いけませんが、三種生けになると自由度があがります。バランスが
良ければOKなので、三種生けにすることでOKとなりました。

#ただ、玉シダが反り過ぎなのが玉に瑕ですが・・・。
30
2009
comment
0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。