スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

立花正風体

今回は、秋の草花を使っての立花です。
先生が、庭で摘んだりしてきてくださった草花で花を生けます。
#トルコキキョウとツルウメモドキは購入。

そして、今回は正風体でもいいし、新風体でもいいし、自由に
生けても良いということでした。
ススキ・ツルウメモドキ・エノコロソウ・オクラレルカ・小菊・トルコキキョウ・紫ツメクサ・葛・萩

自分で先生が用意してくださった花材の中でどれを使うか
選び、自分で生けます。こういう練習がとても実践に近くて
いいです♪

今回の花材はこれ。
真:ススキ
副:オクラレルカ
流枝:オクラレルカ
見越:名前を忘れちゃった
請:ツルウメモドキ
控:エノコロソウ
正真:トルコキキョウ
胴:小菊、トルコキキョウ、紫ツメクサ、萩
前置:葛の葉
後囲:葛の花
副下あしらい:ツルウメモドキ

私は、最近立花の本を読んでいたので、正風体で生けました。
私が今読んでいる本は、これです。↓

立華 (これならわかる池坊いけばな)立華 (これならわかる池坊いけばな)
(1997/10)
伊藤 雅夫池坊 専永

商品詳細を見る

先生に見てもらって、流枝(ながし)を直してもらったけれど、
その他はほぼこの通りでOKが出ました。シンプル。

もうちょっと華やかに生けてもいいんだろうけど、思いつかず。

でも、秋らしさが出ればそれでいいかな。ススキが風にそよいで
いて、秋の原っぱがイメージできればそれでいいかな。

そして、他のお弟子さんたちの作品。
立花新風体-Sさん 立花新風体-Hさん 立花正風体-Tさん

皆さん、同じような花材を使っていますが、そのときの花材の
形で生け方も変わってきます。同じようにはならないんですね~。

色んな人の作品を見ると、勉強になります。前は一人だったから
井の中の蛙でした。

そうそう、門標の申請をしました。雅号も申請します。
来月か再来月には門標が手元に来るとのことです。
今から待ち遠しいのです♪
スポンサーサイト
12
2009

Comment

Trackback

http://yunrari.blog92.fc2.com/tb.php/160-1bb8a73e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。