スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

いちごジャム作り

いちごがお安く売っていたのでご購入♪ジャムを作ろうと思います。
トントンは朝ご飯をあまり食べないのだけど、パンだったら軽いからと
食べるのです。だから、そのパンにつけて食べる用のジャム作りです。

01砂糖をまぶす 02まぶして3時間後 03瓶詰め後

まずは、1kg強のいちごのヘタを取ってキレイに洗い、いちごの総量の
60%の砂糖をいちごにまぶし、3時間おきます。(写真左&真ん中)

続いて、弱火に30~40分かけ、あくを取り、とろみが出たら火を止めます。

熱い内に瓶に詰めて保存。(写真右)
うまく保存できれば常温でも1年はもつみたい♪瓶を逆さに置いて冷まして
いますが、こうすることで空気が抜けるらしいです。

ジャムを作った翌朝に早速食べよう!と試みましたが、忙しい朝にジャムの
蓋が二人がかりでも開けられず、食べることができませんでした。

とっても残念。。。(-″-;)

なので、ネットで簡単な瓶の蓋の開け方を調べて夕方トライ!簡単に
開きました(≧▽≦)瓶を逆さにして、蓋と瓶の間の隙間にナイフやバター
ナイフみたいなものを挟んで、要は空気が入るように隙間をあけてやれば
プシュっと音が鳴るので、そうしたらあとは軽く手で蓋を開けることが
できるのです。

感動・:*:・(*´∀`*)・:*:・

でも、開けてみてジャムを確認するとかなりサラサラな状態だったので、
再びとろみが出るまで煮詰めました。最初は上の写真のように瓶2つ分の
量だったのですが、煮詰めた後は瓶1つと3分の1程度の量までになり
ました。

そして今朝。やっといちごジャムを試すとき。ゴロっとしたイチゴが
いい感じのジャムに仕上がっていました。甘さはこんなものなのかな。
あまりジャムを食べないからよく分からないけど、もう少し甘さ控え目が
私の好みかもしれない。

なので、次、もし作るとしたら砂糖は50%にしようと思います。

でもでも、イチゴのジャム作り。成功です(v^-’)
04再煮詰め後


スポンサーサイト
21
2010

Comment

Trackback

http://yunrari.blog92.fc2.com/tb.php/234-d4c828ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。